ライフサイエンス領域の日本型エコシステム 三井のラボ&オフィスは日本のライフサイエンス領域のエコシステム創造を加速させます。 ライフサイエンス領域の日本型エコシステム 三井のラボ&オフィスは日本のライフサイエンス領域のエコシステム創造を加速させます。

シーズ近接型

三井不動産が提案する
ライフサイエンス領域の日本型エコシステム

POINT 01アカデミア、研究施設、先端医療施設等の近接地における賃貸ラボ施設

研究スタイルが変わる。

様々なプレイヤー
とのFace to Faceの
コミュニケーションを
通じてビジネスの実現可能性が広がる。

1

シーズ近接ならではの研究開発環境

様々な医療に関する最先端の取り組みが行われるシーズ近接のラボ&オフィス。アカデミアや医療施設と近接している強みを活かし、世界に先駆けた研究開発が行われやすい環境を提供します。

2

次世代医療技術との連携

世界中からプレイヤー・情報・技術が集まるからこそ、最先端の情報にアクセスすることができます。最新の医療技術を踏まえた研究開発やサービス開発が行われやすい環境を提供します。

POINT 02オープンイノベーションの創出

三井不動産/LINK-Jが日本橋で構築してきた空間やネットワークを本ラボ施設でも展開することにより、異業種含めた様々なプレイヤーが集まり、オープンイノベーションを創出。

イノベーションを生み出す空間の活用

活発なコミュニケーションやビジネスの活性化を実現するために日本橋のみならず、本ラボ施設にもコミュニケーションラウンジや会議室を整備。

コミュニケーションラウンジ
コミュニケーションラウンジ
共有会議室
共有会議室
本ラボ施設イメージ
本ラボ施設イメージ

イノベーションを生み出すネットワークの活用

日本橋で展開してきたLINK-Jの活動(ネットワーキング、マッチング、アクセラレーション等)を本ラボ施設でも展開。

交流・連携イベント
交流・連携イベント
交流・連携イベント
交流・連携イベント
育成・支援プログラム
育成・支援プログラム
※掲載の写真は、一部イメージ写真です。

オープンイノベーションの創出

これらを活用することにより、ライフサイエンス領域の企業やアカデミア、さらには異業種等のプレイヤーが集積し、オープンイノベーションが創出。

※創薬、医療機器、ヘルスケアIT、個別化医療、再生医療、化学、科学、素材、健康、未病 等
LINK-J
LINK-Jの公式ホームページへ
詳しくはこちら

POINT 03充実した研究環境

BSL2対応のウエットラボ仕様や共通実験室の整備など、充実した研究環境。

1BSL2対応のウエットラボ仕様

BSL2対応のウェットラボ仕様で研究の幅が広がる。

※一部対応できない区画がある場合があります。

2共通実験機器室の整備

整備された共通の実験機器室を利用することで、コストを削減できる。

3研究開発の支援機関

近接した研究開発の支援機関との連携により研究の効率化が可能となる。

4共有のコミュニケーションスペース

共有の会議室やコミュニケーションラウンジを活用することで、社内外の活発なコミュニケーションを促進する。

※BSL:バイオセーフティレベル
※記載の情報はすべて現段階の計画・予定であり、今後変更する可能性があります。
※掲載の写真は一部イメージ写真です。実際のものとは異なります。